今までも、、、そしてこれからも

TEL ➤ 078-682-0270

FAX ➤ 078-891-5860

MAIL

事業内容

甲南防災株式会社は昭和54年の設立以来、常に「安全」を願い各種消防用設備を通じて社会の安心に貢献しています。オフィス,マンション,商店街,多目的ホール,ホテル,病院,住宅などあらゆる生活の上で必要な各種施設へ、最適な「安全」をご提供すること。 通常時は存在さえ気にされませんが、いざという時にはお役にたてる消防用設備。現在の社会において、防災のニーズは拡大しつつあります。

地域に愛されて38年・・・

今までも、、、そしてこれからも「安全」で地域社会に貢献したい・・それが甲南防災株式会社の事業です。

各種消防用設備の設計・施工・保守・管理

オフィス,マンション,商店街などの施設や、新しく建築された施設などに設置する各種消防用設備の設計・施工・保守・管理を行っております。

安全設備のため、スタッフで連携を取り、間違い・抜けがないよう日々誠実さを心がけて実施しております。

規模にもよりますがマンションやレストランであれば半日から1日かけて商業施設等であれば一ヶ月近くかけて点検をいたします。

点検は年に2回、定期的に行っており、基本的にはお客様からお電話・メールにてお問い合わせいただくか、もしくはご紹介にて実施いたします。

設備の種類

  • 消火器具
  • 簡易自動消火設備火装置
  • 屋内・屋外消火栓設備
  • スプリンクラー設備ラー消火設備
  • 水噴霧消火設備
  • 泡消火設備
  • 二酸化炭素消火設備設備
  • 粉末消火設備
  • 連結送水管設備など、、
  • など・・・

顧客様の情報管理

弊社では最新のサーバー・ソフトウェア・システム・物理的なセキュリティーによって顧客様の大事な情報をお守り致します。

防火対象物点検とは

防火対象物点検とは、消防法第8条の2の2に基づく、防火対象物定期点検報告制度のことを指します。

この制度は、平成15年から始まった点検制度であり、防火に関する知識と資格を持った者が様々なチェックを通して、防火基準を満たしているかどうか確認いたします。

防火対象物の全体収容人数
30人未満30人以上 300人未満300人以上
定期報告義務無し

次のどちからに該当する場合報告が必要。

①特定用途が3階以上の階又は地階に存するもの

②階段が1つのもの(屋外に設けられた階段等であれば免除)

有り

防災管理点検とは

平成19年6月の消防法改正により、大規模な防火対象物の管理権限を有する者は、防災管理義務の実施が義務付けられ、年に1回点検をさせ、その結果を消防機関(消防署長など)に報告する制度が創設されました。

建物のオーナー様などから、点検の依頼を受け、以下のような項目を点検します。

  • 防災管理者がきちんと選任されているか
  • 避難階段に障害となるようなものが置かれていないか
  • オフィス内にある建物が転倒しないよう防止措置が取られているか
  • 避難訓練が、マニュアルに基づいて1年に1回以上実施されているか
  • 非常食が常備されているか など・・・


点検後は、点検実施者が報告書を纏め、建物のオーナーなどが消防機関に報告書を提出します。
点検報告しなかった者には、罰金または拘留が科せられる可能性があります。

各種消防用設備の機器販売

甲南防災株式会社では、設備の点検・管理だけでなく、単品で消火器などの販売も行っております。

お気軽にお電話やメールにてお問い合わせください。

電気設備工事

建物の各種電気設備等の点検や工事を実施しております。

各種消防用設備
各種消防用設備